MASATO WAKABAYASHI


若林雅人 Masato WAKABAYASHI

1965年 東京生まれ
1984年~1985年 ロサンゼルス、サンタモニカ・カレッジ 
1987年~1990年 マドリッド、古典絵画技法の研究。フラメンコギターを始める
1994年~1995年 ロンドン、チェルシーカレッジ大学院彫刻科修了 
1995年~1996年 チェルシーカレッジ研究員。チェルシーカレッジ、カンバウェルカレッジにて教鞭 

1997年~1998年 CCA北九州 

1999年より東京在住 


個展
2006 「光の行方」 ギャラリー悠玄、東京 

2000 「We are stars」ギャラリー・ル・デコ、東京 

1999 「遠い声」 Plan B、東京 

1993 「ギター演奏家による絵画」 フラメンコスタジオ Arte y Solera、東京 

主なグループ展 

2007 「Bodycity」 ダブリン、アイルランド

2004 「メディアレーナ/日本の現代美術」The Govett-Brewster Art Gallery、ニュージーランド 

2000 「Here Now」 福岡市立美術館、福岡 

1998 「CCA open studio」北九州 

1996 「Deep Signal」 Gasworks ロンドン、イギリス「Deep Signal」 Collective Gallery エディンバラ、イギリス 

1995 「Bayer's Earth Art Competition」The Mall Gallery ロンドン、イギリス 


企画上映会「ブレイク・イン・シアター」 

2003  原美術館、東京  武蔵野美術大学、東京  広島市現代美館、広島 

2002  スクラッチタイル、横浜 「@port」 名古屋     

「アートドキュメンタリー上映会」広島市現代美術館、広島     

「ビューティフルライフ」水戸芸術館、水戸 

2001  スペースKobo & Tomo、東京     

「小沢剛のトンチキハウス」神奈川県民ホール、横浜     

「ニカフ」東京国際フォーラム、東京     

「アート・クロッシング2001」旧日本銀行、広島 

2000  麹町画廊、東京 


 主なパフォーマンス 

2006 「セニョーラ・アルハンブラ」 ギャラリー悠玄、東京 

2005 「セニョーラ・アルハンブラ」 アニフェリア 中野ゼロホール、東京 

2002 「セニョーラ・アルハンブラ」Casa de Esperanza、東京 

1999 「光の行方」 Plan B、東京 


受賞歴 

1995 「Bayer's Earth Art Competition」彫刻部門1位 ロンドン、イギリス 


作家ウェブサイト:http://www.masatowakabayashi.com

Obsession Conception Possession

それぞれ異なる視点でアイディアという言葉だけではとどめることの出来ない思考と探求の痕跡を作品化している、笹口数、若林雅人、そして古屋俊彦という三作家の作品、インスタレーションを一同に展示する事により、現在の日本に於けるコンセプチャルアートの堅固な表現の一端に触れる展覧会