Obsession Conception Possession

アイデアやコンセプトが作品の中心的役割をはたすという概念が、コンセプチャル・アートとして1960年代に美術のジャンルとして用いられ始めてから半世紀以上が経過しました。アメリカ、ヨーロッパで発生したこの流れも現代のコンセプチャルアートを標榜したとき、時代や国、文化的な背景も含めさらに多様化しています。今展覧会では20年以上のキャリアを持ち、それぞれ異なる視点でアイディアという言葉だけではとどめることの出来ない思考と探求の痕跡を作品化している、笹口数、若林雅人、そして古屋俊彦という三作家の作品、インスタレーションを一同に展示する事により、現在の日本に於けるコンセプチャルアートの堅固な表現の一端に触れる機会となります。また三作家は寡作な作家でもあり、特に三人の作品を同時に見ることの出来る貴重な展覧会です。

出来うる限り広くそれぞれの作品世界を紹介する機会にればと考えてます。そして作品を通じて、美術のフィールドか物理や哲学、言語学、など様々な世界へ通じる、新たな視点を提示することになるでしょう。

今展のタイトル「Obsession Conception Possession」について。作品制作のきっかけとなるイメージとは、まだ言葉やビジュアルに変換される以前の、思考の中にある輪郭のはっきりしない思いやこだわり(Obsession)から始まり、そこから次第にその思考に輪郭や言葉を与える作業へ移行し、時間をかけ研究、検証される行為とともに制作が開始されコンセプト(Conception) になっていきます。そして制作された作品は何者か、あるいは何処かに所蔵、所有される所蔵品(Possession)となるという、作品を巡る一つのプロセスを言葉として置き換えたものであり、今展覧会のテーマとなっています。作品を中心として、自己に立返り、世界と繋がるプロセスを再考出来る機会となればと考えます。

展示作家:笹口数 古屋俊彦 若林雅人

会期:2018年1月21日(日)~2月6日(火)

時間:10:00~18:00

休み:木曜日

会場:四谷ひろば CCAAアートプラザ ランプ坂ギャラリー

   東京都新宿区四谷4-20 tel:03-3359-3413

入場料:500円


[会期中イベント]

1月28日(日) 18:00-19:30 若林 雅人 トーク&ギターソロ 1,000円

2月5日(日) 16:00-19:00 古屋 俊彦 トーク ゲスト:佐藤 実 1,000円


主催::Obsession Conception Possession 実行委員会

企画・制作:藤本 ゆかり

告知広報・フライヤーデザイン:伊藤 麻衣子

翻訳:江幡京子

助成::公益財団法人 朝日新聞文化財団・公益財団法人 野村財団

連絡先: 東京都渋谷区西原 3-23-4 コート代々木上原 102 20202(ツーオーツーオーツー内)

Obsession Conception Possession 実行委員会 事務局

電話番号 :03-3465-5065 ファックス:03-3465-5065 e-mail address :obsconpos@gmail.com

PRESS RELEASE

下記リンクよりダウンロードできます。


Facebook

Obsession Conception Possession

24人がいいね!と言っています。

Instagram

obsession_concption_possession

2018/1/21-2/6開催!それぞれ異なる視点でアイディアという言葉だけではとどめることの出来ない思考と探求の痕跡を作品化している、笹口数、古屋俊彦、そして若林雅人という三作家の作品を一同に展示する事により、現在の日本に於けるコンセプチャルアートの堅固な表現の一端に触れる展覧会

投稿4件フォロワー10人36人をフォロー中

Instagram